本文へジャンプ


リンク

NPO
くまもと青少年ヨット協会

セーリングネットワーク熊本










熊本 フリースクール 不登校 フリースクール 熊本 フリースクール


NPO法人くまもと青少年ヨット協会

目的
訳あって学校への登校が困難な少年達に、大自然の中で、ヨットの操船や野外活動をすることによって「生きる力」を育み、夢多き若者を巣立たせることを目的としたフリースクールです。。

名前の由来
幕末、坂本竜馬が長崎に設立した「海援隊」は、脱藩した若者達などを集め、帆船乗りとしての訓練を行い維新に活躍する若者を育てた。その「海援隊」の名前を借り、志を持った子供達に育てたいという思いから。
もうひとつは文字通り、少年を海が援けるという意味。


 設立の経緯

代表が16歳の時に思い立った夢「ヨットで南太平洋周航」を10年後に実現した。熊本帰郷後、家庭を持ち、3人の子供を育てる中で、夢を追いかける人生にも、家族を守る人生にも、同じように「生きる力」が必要と実感。だが現代の子供達の生活の中には「生きる力」を育む場がなく、青少年育成のために個人で少年海援隊を立ち上げる。その後、社会的信用を得る為、NPO法人くまもと青少年ヨット協会を設立して活動中。その協会の活動の一環として、フリースクール少年海援隊を始める
 活動内容
上天草市、大矢野町 成合津をホームポートとする「少年海援隊U号」(34フィートクルーザー)を主な活動拠点として、学校への登校が困難な子供達を週平日1回もしくは2回(月4〜8回)参加させ、ヨットの乗船や野外活動を行い、操船技術を身につけたり、自然とのふれあいの中で育成して、3ヶ月を1過程とする。
ヨットはクルーザーですので、隊員は持ち場を与えられます。ヨットという限られた社会において、自分の役割りを認識して、責任ある立場を実感させ、「必要とされる自分」を体験します。目的地に行くため、船長の判断を尊重し、仲間を信頼することにより、社会における生き方を学びます。
最後に、訳あって学校への登校が困難な子供達ですが、最終目標は学校に行き始めることではありません。大自然の中で、自分の価値観を見つめ直し、自分という個性を大切にして生きるために、どうしたら良いのかを考えていただく場を提供することですので、その結果学校に行き始める子供もいれば、もっと、時間をかけて考える子供達もいると思います。大人の価値観の押し付けはいたしませんのでご了承ください。

   Copyright (C) 2008 shonen-kaientai. All Rights Reserved